学生の頃から描いていた理想の医療を具現化

箕山クリニック×Dr.ARMS

箕山クリニックとは?

スポーツ医学に進んだ理由

治療が確立するまでには、生体などを使って多くの研究が行われます。医療とは人間のエゴでは? 学生の頃、そんな素朴な疑問を持っていました。
そんなときスポーツ医学というものを聞き、それが必ずしもアスリートに対する治療だけでなく、エクササイズで健康をつくる予防医学でもあると知りました。
どんな医療も何かを犠牲にして成り立っているものであり、現に自分自身もそうやって得られた知識をもとに医療を行っているという矛盾は承知しています。しかしながら、予防医学であり、また好きなスポーツに関わることができるということは、私がスポーツ医学を専門にした理由の一つです。

スポーツ医学とは

まず大きく2つに分類されます。

① エクササイズで疾病を予防する学問
② アスリートに対する学問  
②関しては、さらに 
a. パフォーマンス向上、傷害予防のための学問 
b.傷害を治療する学問
に、分類されます。

つまり、スポーツ医学には整形外科とくにスポーツ整形外科だけでなく、救急や一般内科学的知識、さらにはトレーニングや栄養学の知識も網羅していなければなりません。イギリスに留学した理由の一つは、これらすべてを卒後教育として学ぶことができたからです。

三位一体のチーム医療

理想とするスポーツ医療を実現するためには、ドクター、理学療法士、トレーナーといったそれぞれ専門の知識を持った者が三位一体で連携する必要があります。
箕山クリニックには、「Dr.ARMS」というトレーニングジムが併設されており、トレーナーと連携して、あらゆる方々のケアにあたっています。

院長紹介

箕山 理

みのやま  おさむ

箕山クリニック院長

日本体育協会公認スポーツドクター

アメリカンフットボールのチームドクターやプロゴルファーの主治医、スーパーGTという国内最高峰のレースドクターなどを務めた。現在も、アメリカンフットボールのチームドクターや多種に渡るアスリートの主治医を務める。

Profile Picture

職歴

平成8年近畿大学医学部卒業
平成8年関東労災病院にて研修
(整形外科6ヶ月、スポーツ整形外科6ヶ月、外科3ヶ月、脳神経外科3ヶ月、麻酔科3ヶ月、
放射線科3ヶ月)
平成10年フジ虎ノ門整形外科病院
平成12年関東労災病院 スポーツ整形外科
平成12年イギリス留学 Royal London Hospital: Department of Sports Medicine (スポーツ医学科)
平成13年フジ虎ノ門整形外科スポーツ医学センター設立、スポーツ医学センター長就任
平成16年箕山スポーツクリニック開業
平成20~24年日本体育大学 スポーツ医学研究室非常勤講師
平成20~23年シルク・ド・ソレイユZED コンサルティングドクター

スポーツ活動

中学・高校時代は硬式テニス部。以後、レーシングカートを経て、フォーミュラJr.やザウルスJr.などの四輪レースに参加。現在は、競技ゴルファーとして様々なアマチュアゴルフ競技に参加中。